%e6%96%87%e5%ad%97%e3%81%ae%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%95

文章を書くときの
アナログデジタルの違いで
どんな項目があるのか知っておくと、
ビジネスブログを書く上で 大きな利点になります
どんな違いがあるのか、順番に確認しておきましょう

その中の一つとしてブログを書くとき、
アナログ媒体との大きな違いの1つに
文字の大きさが変えられると言うものがあります

文字の大きさを変えられる

自分でノートなどを書くときは
文字の大きさをそこまで気にせず
書いているかと思います

ここはタイトルになるかな?
と、思われる場所は
意識的に大きい文字で書くこともありますが
大きく書いてしまうと字が下手くそになってしまう
と言うこともありますね

そこが、デジタルで書くところのいいところで
文字の大きさを変えても、字体が崩れません

さらに、後からここが重要かな?
と、思うところの文字の大きさを変えることができます

最初に重要だと思っているところが
文字を書いていったら、全然重要ではなく
別の所の方が重要だった
てこともよくある話

デジタル文章は後から改変できる

アナログと、デジタルの文章の違いは
前回の文字色が変えられる のも、含め
後から改変できるというのが最大のメリットです

そう思うと、まずは書いてみるのが 1番ですね

文字の大きさは、変更できるといっても
大きさ違いが何種類も存在しないようにしましょう

大中小の3種類位が適正かと思います
全体の比率で言うと
%e5%a4%a7%e4%b8%ad%e5%b0%8f
大が10パーセント、中が20パーセント、
小が70パーセント位が、見やすい所ですね
一番小さい文字が、普通の文章って感じですね
この感覚、上手に活用していきましょう

アナログ文章とデジタル文章の違い


WEBライティングの特性一覧ページ
1:終わりが見えない
2:リンクがある
3:文字色を変えられる
4:文字の大きさを変えられる
5:検索で見つけられる
6:どの媒体で見るのか不明
7:見にくい・読みにくい
8:一覧性が低い
9:双方向である
etc

 

販促工房では、みなさんのお困りごとを
聞くことからスタートしています
無料相談も実施しています
何か気になることございましたら
お気軽にお問い合わせください

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

販促工房の概要はこちら

販促工房 ~豊橋・豊川・田原を中心に 小さなお店/会社の集客・販売促進のお手伝い~
豊橋の販促工房

資格紹介

ビジネスモデルキャンバス
を使用して、
現状事業の強み・弱みの見える化今後の戦略立案等 売り上げ集客アップのお手伝いをしています
ビジネスモデルイノベーション協会ジュニアコンサルタント
「知識創造」「価値創造」型の読書体験
Read for Action協会、リーディングファシリテーター
フューチャーマッピング・文章術・マインドマップ
HPやFacebook・ブログ・LINEの運用方法などもアドバイスしてます
ご相談など、お気軽にどうぞ♬
業務内容紹介
■販促工房_豊橋 スイーツ読書会
http://toyohasireading.com/
■販促工房_ビジネスコンサルタント
http://sp-factory.jp/
■リフレクソロジー豊橋
http://www.refre-toyohashi.net/
所在地情報
〒440-0843
愛知県豊橋市東幸町大山113-6
TEL 0532-74-8362
メール:sasano@sp-factory.jp