文章を書くときの
アナログデジタルの違いで
どんな項目があるのか知っておけば、
ビジネスブログを書く上で 大きな利点になります
どんな違いがあるのか、
このブログで順番に確認しておきましょう

%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e3%81%a6%e3%82%99%e8%a6%8b%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b

その中の一つとしてブログを書くとき、
アナログ媒体との大きな違いの1つに
検索で見つけられる
と 言うものがあります。

 

そんなの当たり前じゃんと思われるかと思いますが
そこをしっかりと把握出来ているのかどうなのかで
全然意味が変わってきます

書き言葉とwebライティングの違い

例えば、どんな所を注意するのかと言いますと
検索で引っ掛ける為には、
単語や文章が重要視されるってのは
みなさん知っているかと思います

 

上位表示させたい、
キーワード文中に入れ込みますよね

 

そのキーワード・単語の部分なんですが
何気なく文章を書いていると
結構略語で書いてしまう事って多いんです

%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%af%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%af

読み言葉では、同じ単語の繰り返しの時は
略語になったりしますね
「それは」とか、「これは」とか
「前回書きました」とかですね
他にも、自分の会社の名前なんかも
別の単語に変わる事が多いです
「弊社」「自社」とか、
お客様の会社名も「御社」になったりします

 

つまり、お客様は 会社名で検索をしてくるのに
弊社とかなっていたら、
検索で引っかからないって話になっちゃいます
(厳密に言うと、別の所で
検索に引っかかるんですが、まぁ 置いといて)

 

書き言葉、話言葉では 問題のない話であっても
webライティング的には、どうなんでしょう???
って、場面が出てきます。

 

そのあたり、気をつけて書いていきましょう

 

キーワードの自然な数

1000%e6%96%87%e5%ad%97

でもですね、不自然にキーワードが
文中に散りばめられてたら
違和感アリアリの文章になってしまうので、
そのあたりも気をつけてくださいね
目安としては、1000文字に5〜10回程度です。

 

検索エンジンがあなたのサイトを
見つける為の文章も必要ですが
読むのは人間なので、
その読み手が読みにくい文章もダメ

 

なかなか、難しいかと思いますが
気をつけていきましょう

アナログ文章とデジタル文章の違い


WEBライティングの特性一覧ページ
1:終わりが見えない
2:リンクがある
3:文字色を変えられる
4:文字の大きさを変えられる
5:検索で見つけられる
6:どの媒体で見るのか不明
7:見にくい・読みにくい
8:一覧性が低い
9:双方向である
etc

 

販促工房では、みなさんのお困りごとを
聞くことからスタートしています
無料相談も実施しています
何か気になることございましたら
お気軽にお問い合わせください

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

販促工房の概要はこちら

販促工房 ~豊橋・豊川・田原を中心に 小さなお店/会社の集客・販売促進のお手伝い~
豊橋の販促工房

資格紹介

ビジネスモデルキャンバス
を使用して、
現状事業の強み・弱みの見える化今後の戦略立案等 売り上げ集客アップのお手伝いをしています
ビジネスモデルイノベーション協会ジュニアコンサルタント
「知識創造」「価値創造」型の読書体験
Read for Action協会、リーディングファシリテーター
フューチャーマッピング・文章術・マインドマップ
HPやFacebook・ブログ・LINEの運用方法などもアドバイスしてます
ご相談など、お気軽にどうぞ♬
業務内容紹介
■販促工房_豊橋 スイーツ読書会
http://toyohasireading.com/
■販促工房_ビジネスコンサルタント
http://sp-factory.jp/
■リフレクソロジー豊橋
http://www.refre-toyohashi.net/
所在地情報
〒440-0843
愛知県豊橋市東幸町大山113-6
TEL 0532-74-8362
メール:sasano@sp-factory.jp