%e3%81%a8%e3%82%99%e3%81%ae%e5%aa%92%e4%bd%93%e3%81%a6%e3%82%99%e8%a6%8b%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%e4%b8%8d%e6%98%8e

文章を書くときの アナログデジタルの違いで
どんな項目があるのか知っておくと、ビジネスブログを
書く上で大きな利点になりますどんな違いがあるのか、
順番に確認しておきましょう

 

その中の一つとしてブログを書くとき、
アナログ媒体との 大きな違いの1つに
どの媒体で見るのかわからない
ということがあります

 

閲覧する媒体の違い

アナログ媒体の場合ですと、
必ず見せる媒体は決まっていますね、
雑誌・文庫本・単行本であったりして
当然その最終形態に合わせて制作をしているので
文字を読むのに最適な形になっています

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s
これが、デジタルの場合になると
何で見るのかが
決まっていないといった困ったことが起きます、
例えばパソコン、スマホ、タブレット端末と、
読者の閲覧する媒体が変わってきますね

 

パソコンですと、Internet Explorerや、
Google Chrome等、ネットを閲覧するブラウザーの
ウィンドウの大きさを変えている方も
いらっしゃいますし、文字の大きさを
拡大や縮小している方もいます

 

スマホと一言で言っても、アンドロイドもあれば
iPhoneもあります、それぞれ画面の大きさも違います
iPhoneだって、plusとか大きな物もありますしね
老眼の方は文字を大き設定している事も多いです

 

1行の文字数は何文字が適正か

つまり、ブログやホームページ等
デジタル上の文章、
つまりWebライティングでは
1行の文字数は何文字が
適正なのか、どの位置で改行するべきか、
何行目で行間をあけるべきか
なかなか
悩んでしまうものです。

 

では1行の文字数は
どの位が適切なの〜?となってしまいます
ここで一般論をお話しすると
1行の文字数は35文字位
が読みやすいとされていますね
でも、画面の大きさなどで
見え方が変わるよって話もしました

 

そこで、販促工房が提言するのは
1行の文字数が
25文字までです

このブログも、その文字数に合わせて
作っておりますがいかがでしょうか

 

ツイッターでは1投稿の文字数が
140文字ってのがありますよね
つまり、1行25文字で計算すると、
5・6行が一気に読める、
最適な文字数って事になります、
この一区切りで1行あけたりするのが良いですね

 

1行の文字数は、ちゃんとしておかないと、
変な位置で改行されてしまったりして、
ぶつ切りの文章になって読みにくくなります。
この文字数の事など、気をつけながらブログ等は作成し

どんな媒体で閲覧されても
見やすいように心がけていきましょう
ちょっとしたストレスで、
読者は離れていってしまうものです

アナログ文章とデジタル文章の違い


WEBライティングの特性一覧ページ
1:終わりが見えない
2:リンクがある
3:文字色を変えられる
4:文字の大きさを変えられる
5:検索で見つけられる
6:どの媒体で見るのか不明
7:見にくい・読みにくい
8:一覧性が低い
9:双方向である
etc

 

販促工房では、みなさんの
お困りごとを聞くことからスタートしています
無料相談も実施しています
何か気になることございましたら
お気軽にお問い合わせください

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

販促工房の概要はこちら

販促工房 ~豊橋・豊川・田原を中心に 小さなお店/会社の集客・販売促進のお手伝い~
豊橋の販促工房

資格紹介

ビジネスモデルキャンバス
を使用して、
現状事業の強み・弱みの見える化今後の戦略立案等 売り上げ集客アップのお手伝いをしています
ビジネスモデルイノベーション協会ジュニアコンサルタント
「知識創造」「価値創造」型の読書体験
Read for Action協会、リーディングファシリテーター
フューチャーマッピング・文章術・マインドマップ
HPやFacebook・ブログ・LINEの運用方法などもアドバイスしてます
ご相談など、お気軽にどうぞ♬
業務内容紹介
■販促工房_豊橋 スイーツ読書会
http://toyohasireading.com/
■販促工房_ビジネスコンサルタント
http://sp-factory.jp/
■リフレクソロジー豊橋
http://www.refre-toyohashi.net/
所在地情報
〒440-0843
愛知県豊橋市東幸町大山113-6
TEL 0532-74-8362
メール:sasano@sp-factory.jp