販売促進のお手伝い
集客の「やりたい」を「出来る」に変えるコンサルタント
愛知県豊橋市の販促工房です

東海ウォーカーのネット版ウォーカープラスさんの豊橋地域編集長ささ坊として新たに記事を掲載しました
どんな風に文章を構築しているのか、順番に説明していきますね

最近では社員教育など、文章の書き方向上の相談を受ける事が増えました
そんな悩み事をお持ちの経営者さまや 社員教育担当者さんに
この東海ウォーカー記事の執筆の仕方をご覧になって頂きたいと思います
もっと詳しく話が聞きたいなぁ〜と興味が出ましたら、気軽に ご相談下さい

エンパシーライティング

販促工房が文章を構築する時はエンパシーチャートを活用しています
エンパシーチャートって何だろう?って方はリンク先をご覧下さいね

今回書きました、エンパシーチャートはこちらです
奇跡のリンゴ

1:ゴール設定
アップルパイを買いに来てもらう

2:ポジティブなセリフ
皮ごと食べられるリンゴを使ってるって凄いなぁ〜、いままで食べた事あるリンゴとは大違い、食感が大違い!! 期間限定なんで、早めに行かないと〜

3:ポジティブな感情
おいしい・サクサク・しっとり

4:あたなが求める行動
アップルパイを購入する・食べた感想を投稿してもらう

5:ポジティブへの言葉がけ
皮ごと使用してます・秋映を使用・期間限定

6:ネガティブな感情
まずい・ベチャリ・ポロポロ

7:ネガティブなセリフ
本当においしいリンゴなの? 皮ごと食べられるって本当? なんか奇跡ってのも怪しいなぁ〜

8:ネガティブの背景・本音
秋映を知らない・一般流通のリンゴしか食べた事ない

9:ネガティブへの言葉がけ
このリンゴの色を見るとビックリする程感動するよ・皮ごと食べられるリンゴだから皮ごと使用したアップルパイなんです

10:奇跡のリンゴを使った・奇跡のアップルパイ

と、言った形で内容をまとめ
文章の骨組みを構築しています。

文章は中心となる背骨が出来上がると、ストーリーを構築しやすくなりますね
ここから、文章を膨らませて記事にしております

マムズブレッドさんへ取材をした時の
元原稿はこちらです
奇跡のリンゴ 元原稿

単純に単語を書き出しただけのメモですが
これだけで 文章は構築出来るんですね

重要なのは 文章の味付けと、ストーリーです。
文章術は同じ物を使っても、最終的に調理する人が異なると違った文章になります
人それぞれの個性が出ます、まさに料理と同じですね

文章を読む方が、どんな事にワクワクするのかなぁ〜と想像する事がが大切です
相手の気持ちを汲み取って考えて行きましょう
こちらの言いたい事では無くて、読み手が知りたい事を書くようにしましょう

実際に出来上がった記事は こちら
奇跡のリンゴを使用!! 奇跡のアップルパイ

販促工房の概要はこちら

販促工房 ~豊橋・豊川・田原を中心に 小さなお店/会社の集客・販売促進のお手伝い~
豊橋の販促工房

ビジネスモデルキャンバスを使用して、現状事業の強み・弱みの見える化
今後の戦略立案等 売り上げ集客アップのお手伝いをしています
ビジネスモデルイノベーション協会ジュニアコンサルタント

「知識創造」「価値創造」型の読書体験
Read for Action協会、リーディングファシリテーター

フューチャーマッピング・文章術・マインドマップ
HPやFacebook・ブログ・LINEの運用方法などもアドバイスしてます
ご相談など、お気軽にどうぞ♬

――――――――――――――――――■◇■

■販促工房_豊橋 スイーツ読書会
http://toyohasireading.com/

■販促工房_ビジネスコンサルタント
http://sp-factory.jp/

――――――――――――――――――■◇■

〒440-0843
愛知県豊橋市東幸町大山113-6
TEL 0532-74-8362
メール:sasano@sp-factory.jp