「企業の目的は利益ではない」は、ピータードラッカーの言葉でありますが、知ってる方も多いと思います。 もしかするとドラッカーの名前は知っているけれど、この言葉は知らない方もいるのかもしれないですね。

愛知県豊橋市では、企業の目的は何ですか?と聞かれて「利益追求」と答える人はどれだけいるのかなぁ〜と想像すると、まぁ かなりの数がいるように思えます。 キレイ事では経営出来ないって言う方が多いのですが、経営理念を伺うとしっかりとした返答がかえって来なかったりしますね。

この辺り、再度見直してみようと思います。

おかね

ドラッカーの著作「現代の経営」では、ドラッカーはこう言っています

(1993年に書かれた著書です)

“事業体とは何かを問われると、たいていの企業人は利益を得るための組織と答える。たいていの経済学者も同じように答える。
この答えは間違いなだけではない。的はずれである。”

“もちろん、利益が重要でないということではない。利益は、企業や事業の目的ではなく、条件なのである。また利益は、事業における意思決定の理由や原因や根拠ではなく、妥当性の尺度なのである。”

簡単にようやくすると、
「利益を追求する為に会社がある」のではない。「社会的な役割を果たす」ために会社が存在する。しかし、利益が出なければ企業活動を継続できない。

したがって、「利益は継続して社会の役に立つための条件」である。だから、経営者は常に利益を意識しなければいけないし、利益が出なければ会社は存続出来なくなる(つまりは倒産)。
それ故、ドラッカーは、「全く私心のない天使が経営者であったとしても、利益には関心を持たざるをえない」と言っています。。

だから、利益は今自社が行っていることが、現代社会において意味のあることか・必要とされているのかどうかを判断するための「ものさし」とも言える。

ドラッカーの著書「マネジメント」では

一つ大事な事なんですが
お金儲けをしたい一心で起業する事は、別に悪い事ではないです。 世の中の役にたってさえいれば私心に満ちあふれていてもOKなんです。  たしかに、僕たちも霞を食べて生活をしているのでは無いので、ご飯を食べるお金は必要ですし、「キレイ事ではモチベーションが上がらない」って言葉にも理解できます。

ドラッカーの著書「マネジメント」では、こう言ってます

“利潤動機なるものは、的はずれであるだけでなく、害を与える。このコンセプトゆえに、利益の本質に対する誤解と、利益に対する根深い敵意が生じている。この誤解と敵意こそ、現代社会における危険な病原菌である。
(中略)利益と社会貢献は対立するとの謬見さえ生まれている。”

つまり、「儲ける」と言う行為に敵意を持つ人も多いのだけれど、とんでもない話と言っています。 利益を出し続ける会社は、世の中の役にたっている会社って事ですね。 一つ注意する事もあります、「利益を追求することそのもの」が目的化すれば社会から抹殺されるかもしれないですね。

重要なので、もう一度いいます。
利益を追求する事を、企業目的とはしないようにしましょう。
企業目的を達成する為の、ガソリン・燃料の為の利益なんですね

販促工房の概要はこちら

販促工房 ~豊橋・豊川・田原を中心に 小さなお店/会社の集客・販売促進のお手伝い~
豊橋の販促工房

ビジネスモデルキャンバスを使用して、現状事業の強み・弱みの見える化
今後の戦略立案等 売り上げ集客アップのお手伝いをしています
ビジネスモデルイノベーション協会ジュニアコンサルタント

「知識創造」「価値創造」型の読書体験
Read for Action協会、リーディングファシリテーター

フューチャーマッピング・文章術・マインドマップ
HPやFacebook・ブログ・LINEの運用方法などもアドバイスしてます
ご相談など、お気軽にどうぞ♬

――――――――――――――――――■◇■

■販促工房_豊橋 スイーツ読書会
http://toyohasireading.com/

■販促工房_ビジネスコンサルタント
http://sp-factory.jp/

――――――――――――――――――■◇■

〒440-0843
愛知県豊橋市東幸町大山113-6
TEL 0532-74-8362
メール:sasano@sp-factory.jp